昇進・昇格とTOEIC

PR

昇進や昇格の条件に、TOEICの点数を入れる起業が増えています。

英語が話せる人は特別な存在でしたが、最近ではTOEICスコアにより当然のスキルになりつつあります。

昇進や昇格の条件にTOEICスコアを採用する会社では、どんなに頑張っても、英語が苦手な人は昇進や昇格ができなくなります。


アジア圏では、TOEICスコアは日本人に比べ、中国や韓国の方が上になっています。

授業で英語があっても、日本人の多くは英語を話せません。


フィリピンや韓国など、多くの国が母国語+英語を話します。

プラスαで日本語や他の国の言葉も話せると言う国が増えているのに、日本のみが英語がままならない状態です。

記憶の英語ではなく、活きた英語が必須となったため、TOEICの点数が条件として必要になってきています。

グローバル化に、英語は必須条件です。



なぜ今こんなに企業がTOEICスコアを必要としているのか?

はてなブックマーク - 昇進・昇格とTOEIC
Facebook にシェア
[`google_buzz` not found]
[`yahoo` not found]
[`livedoor` not found]
[`friendfeed` not found]
[`tweetmeme` not found]

PR

コメントは受け付けていません。