全盛期のTOEIC伝説50

PR

世界最低のTOEIC

TOEICおよび 公式問題は米国ニュージャージーのETSという試験作りのプロ集団が作っています。よって その内容の信頼性 ナチュラリティは非常に高いと言えます。リアルなビジネス関連英語【アメリカ カナダ イギリス オーストラリア】の縮図とも言えるのではないでしょうか。  公式問題集の中から 混乱を起こしやすい要素を いくつか 説明していきます。  Part1 写真描写問題から  They’re gathered at 〜.  受け身でとってしまうと  彼らは(習慣的に)〜に集められることになっている。という解釈しかできないので 写真からそのようなことを瞬時に判断するのは難しいでしょう。  この場合 are gatheredは 集合している というふうに(現在の)完了している状態か 叙述補語で とらえます。  よって 訳は  彼らは(いま)〜に集まっている。  と なります。  類例として  Some diners are seated… という文がありますが この場合も seated は 着席している という 叙述補語でとるのが自然です。  フォーマルな表現で Please be seated. おかけください。という表現がありますが  同じ感覚です。  ※ is/are past.p の型 がReading や Listning で出てくる分には 受け身行為の(習慣)/(現在の)完了している状態/叙述補語のどれかでとれば ほぼ問題は起こりません。 この感覚は 前述の いわゆる ~ing ~ed(過去分詞)形容詞 について(その1〜4)にまとめてあります。 逆にWritingや Speakingで発信する場合、 is/are past.p の表現に関して  受け身行為の(習慣)/(現在の)完了している状態/叙述補語 のなかから どの解釈が許されるか ルールは非常に曖昧であり 辞書やネットには 明確な答えはのっていないので 自分が信頼している第一言語ネイティブにチェックを受けるか corpusで確認するかなどして それを正しいと信じて使う のがおすすめです  補足が くどくなりましたが 次に  has been past.p  is being past.p  を比較した場合の アスペクトを しっかり区別しましょう。  The watch is being removed. であれば 時計は外されている最中であり  The watch has been removed. であれば 時計は (完全に) 外されていることを 示します。  Part1に関する注意点は このぐらいでしょうか。ちなみに Part1で でてくる    単純な 進行形   に関しては すべて (いま)~ている最中である という テンス アスペクト で 問題ないと思われます。  Part2以降は 随時更新予定です。今後は 中国普通話 韓国語 を混ぜていきたいと思います。それではまた

やる夫で学ぶTOEIC

はてなブックマーク - 全盛期のTOEIC伝説50
Facebook にシェア
[`google_buzz` not found]
[`yahoo` not found]
[`livedoor` not found]
[`friendfeed` not found]
[`tweetmeme` not found]

PR

コメントは受け付けていません。